筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手紙」 切実な決断の理由は

兄の剛志が強盗殺人で服役。弟の直貴はそのせいでことごとく人生が狂っていく……
2006年 監督:生野慈朗 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ



大好きな東野圭吾さん原作で、
大好きな山田孝之くん主演。

と言っても、ミーハーな気分で観られるほど軽いテーマじゃない。。。

加害者は、その家族まで社会から差別を受けることを含めて罪――

直貴は自分が罪を犯したわけではないのに、
大学をあきらめ、好きな女性との結婚もダメになり、
つかみかけた夢もつぶれていく。

全部、兄が殺人犯のせいで。

立ち直ろうとしても、堅実に生きようとしても、
ことごとくついてまわり、不運を絵に描いたような人生

ホントに暗く重い話なのだが、そこは東野小説。
巧みな心理描写と読みやすい文章で先へ先へと進んでしまう

映画も小説の雰囲気がよく出ていて、
歌が漫才へと大きく設定が変わっているところも、
最後に生きてきて上手かったと思えた

社会の厳しい反応の中で、
それでも側に残ってくれるものの大切さ。
会社の会長の含蓄ある言葉。
苦しい中でも用意されているひとかけらひとかけらの救いが、
とても光って見えた


ただ……
どうしても納得いかない点が一つ

直貴が最後に辛い決断をした理由。

それは娘がハブにされたからじゃない。
映画では省かれてしまっていたが、娘がひったくりに怪我をさせられたからだ。
そのとき初めて、被害者家族の気持ちがわかったから、のはずだ。
加害者のみならず、加害者家族に対しても、怒りを禁じ得なかったからだ。

だから、ずっと訪れることができなかった被害者の家族に、
謝罪しに行く義務を理解した。
今まで、どこかしら自分のせいじゃないのに、という気持ちのあった直貴が、
加害者の責任の重たさを身に浸みて感じた瞬間。

この重要ポイントを外してしまったのは、かなりのダメージ。。。
私の中では評価が急下降

被害者の息子さんに最後、
「これでおしまいにしよう」と言ってもらったシーンで泣けただけに、
とても残念だった。



蛇足いくつか

年を取るという設定ごとに変えていた髪型……
山田くん、ちとひどくない?
でも演技は相変わらず達者。
不幸な陰を背負った哀しい弟を、必要最小限の表情で見せる見事さ。
今回は勉強ができる役だったけど、落ちこぼれでもどっちでもいける人。
シリアスもコメディもOK。
そういう演技力が好きなんだな~

最近またいろいろお騒がせの沢尻さん
この頃は結構好きだった。
……でもこの大阪弁、どうなの?

タマテツ~……山田くんとホントに兄弟のよう。
雰囲気が似てるのね
キャスティングに拍手。

出番は少なかったけど、吹越さんがよかった
淡々とした演技が涙ものだった

テーマ曲……「手紙」だから、「言葉にできない」なのかしら?
でも小田さんの歌声が、兄弟の切ない気持ちに合っていて哀しさ倍増……
ナイスな選曲だった

コメント

玉鉄の涙に。。。

私もつられてボロボロ泣いた。。。(; ;)
この映画でね、玉鉄って演技すごく出来る人なんだって初めて思ったの。
山田くんの素晴らしさは元より。。。

>映画では省かれてしまっていたが、娘がひったくりに怪我をさせられたからだ。
そのとき初めて、被害者家族の気持ちがわかったから、のはずだ。

そうなんだよね。
私は映画→原作だったので、映画には映画の感動があって
違和感は無かったんだけど、原作が先だったら
そういう違和感もあったかも。

そう言えば、沢尻さんが出ていたんですよね~^^;
良い女優だったのにね。もったいない。。。

  • 2010/05/09(日) 00:04:37 |
  • URL |
  • くう #-
  • [ 編集 ]

玉鉄、よかったですよね

そうそう、それまで玉鉄、結構あちこちに出ていながら、あまり印象に残ってなくて。
このときは哀しい兄の役を好演で、
出番が少なめながらも演技力を見せたと私も思いました♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/49-90a19591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手紙

―言葉に できない。― 製作年度 2006年 原作 東野圭吾 脚本 安倍照雄/清水友佳子 監督 生野慈朗 音楽 佐藤直紀 出演 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 親もなくふたりで生きてきた竹島兄弟。出来のいい弟・直貴(山田孝之)の為に頑張って仕事をしてきた兄(玉山

  • 2010/03/31(水)21:32:00 |
  • to Heart

【手紙】今いる場所から逃げないという事

手紙 監督: 生野慈朗 原作: 東野圭吾 出演:  山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹越満、尾上寛之 公開: 2006年11月 その手紙は、時...

  • 2010/05/09(日)00:00:19 |
  • 映画@見取り八段

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。