筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」

おうちで二つ鑑賞。

CIAで殺し屋として鍛えられたボーンは、記憶を失って以来そのCIAから殺されそうになる。だが、体に染みついた機転と技とで追っ手を逆に手玉に取り、自分の過去を探っていく…… 
「スプレマシー」2004年 「アルティメイタム」2007年 監督ポール・グリーングラス 出演マットデイモン



海で死にかけていたボーンが、背中に埋め込まれていたカプセルの謎を追いながら、護身術だったりに長けていることから元CIAとわかるまでがパート1の「ボーン・アイデンティティ」(2002年 監督ダグ・リーマン)

この2つはその後なのだけど、まあCIAと戦いながら過去を探していくという基本は同じ。

見所は、ボーンとCIAとの頭脳戦、そしてアクション

膨大なデータから迅速な攻撃をしかけてくるCIAを、ボーン一人が手玉に取っていく頭脳戦は胸がすくし、してやったりとニンマリしちゃう
CIAの中でも組織にありがちな人間関係のぐちゃぐちゃがあって、その辺も面白い。
アクションは、まあ長々とやってるわ~、という感じで、ちょっと飽きた。。。

恐らく、「24」などのスパイとか諜報ものが好きな人は好きだと思う。

私は、マッド・デイモンが好きなので見たクチだけど、アクションものはあまり好みではないので、全体的にはまあまあ、でした。
マッド・デイモンはカッコイイですよ~~

パート2が「スプレマシー」、パート3が「アルティメイタム」なのに、うっかり逆順に見てしまったけれど、特に問題もなかった……


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/5-882f5f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。