筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達っていいな 「シャーロットのおくりもの」

子豚のウィルバーと友達になった蜘蛛のシャーロット。クリスマスのハムになることを恐れるウィルバーに、シャーロットが示した友情とは……
2006年 監督:ゲイリー・ウィニック 声:鶴田真由、福田麻由子



ずっとずっと前、大~昔に、
何かで読んだか見たかしたこのお話。

今や、シャーロット=蜘蛛だったってことしか覚えてなかった

優しくて賢いシャーロット。
友達のブタのために、
人間が度肝を抜くスーパーパフォーマンスをやってのける

そうだった、そうだった。
思い出した~
感動したんだっけ

でも多分、子供だった昔に観たときは、
シャーロットってすごいなあ、蜘蛛の糸って面白いなあ、、、
みたいな感想だったんだと思う。

今は……
ホントに友達ってありがたいんだよね、って思っちゃった

困ったときや寂しいときやうれしいときも。
一緒にいると楽しいってだけじゃなく、
何かと助けになってくれるし、
いくつになっても教わることがある

きれいごとじゃない実感なので、
これから学校とか会社とかで、新しい世界に入る人には、
素敵なお友達との出会いを期待します


映画の話に戻るけど、CGとわかっていても感心しちゃう
動物達のストーリーにあった動きや表情。

映像上、蜘蛛の巣の文字だけどうやって日本語に? 
CGだと簡単に出来るものなの?
「カールじいさん」の時も思ったんだっけ。。。

蜘蛛にしても……最初は気味悪かったのに、
次第に気高ささえ感じてくる不思議

動物達のそれぞれの習性みたいのもわかって面白いんだな。
羊は従ってばかり、とかネズミは何でも食べちゃうとか。
カラスがおバカさんなのはウソだけど、
この2羽、すごく笑えて好きだった


吹き替え鑑賞。

福田麻由子ちゃんは達者だったけど、
ダコタちゃんの顔にはちょっと合わない声だったかも。

鶴田真由さんが、心美しく賢く友情に厚いシャーロットにピッタリだった


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/52-a40887f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『シャーロットのおくりもの』

奇跡は空からやってくる   ■監督 ゲイリー・ウィニック■脚本 スザンナ・グラント、キャリー・カークパトリック ■キャスト ダコタ・ファニング  (声)ジュリア・ロバーツ、スティーヴ・ブシェミ、ジョン・クリース、キャシー・ベイツ、ロバート・レッドフ

  • 2010/03/31(水)21:17:29 |
  • 京の昼寝~♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。