筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ALWAYS 三丁目の夕日」のあの頃

東京タワーが建設途中の昭和33年。小説家になりたいが児童向け物語をしかたなく書いている茶川、東北から集団就職でやってきた六子を雇う鈴木オート、しかたなく知り合いの息子を頼まれてしまう踊り子崩れのヒロミ。そんな人々が温かく関わる三丁目の物語。
2005年 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一



これは2005年、映画館に観に行ってよかったな~と思えた映画。
昭和30年代の世界観がとても素晴らしく、心地よさを感じた作品だった

なぜ今テレビ放送なのかって、建設中のスカイツリーが東京タワーの高さを抜いたから?
当時をだぶらせてる? って、勘ぐりすぎか。。。

この中で一番好きなのは鈴木オートの社長、堤真一さん。
まだ物があれこれ不便だった頃、次々と周りに先駆ける好奇心の旺盛さとガツガツした野心
こういう人が時代を引っ張っていったんだろうなぁと思う。
草食系の真逆をいく開拓精神の持ち主ね。

奥さんの薬師丸ひろ子さんもいい
明るくて面倒見が良くて亭主を立てつつ、しめるところはしめる。
偉人の陰に、賢妻あり。

子供達は、汚くてほったらかしのやんちゃ坊主だらけだけど、
夢があって自分で何かの意思をもって行動したりと、たくましさを感じる。

あの頃はそういうエネルギーに満ちていた、という空気がじんわり。

うまいこと淳之介を押しつけられてしまう茶川や、母親に捨てられた淳之介には、
そういうエネルギーはなくてむしろ情けないのだけど、、、

この二人の交流もとても好き
不遇ゆえに大人びて人に気を回してばかりだった淳之介が、
次第に情が移ってきた茶川の計画で
「サンタっているんだ」と一瞬信じたところなんか特に。

二人の別れのシーンでは思わず泣いた。。。
淳之介の将来を思って追いやろうとする茶川と、
どうしてもここにいたいんだと首を振ってしがみつくことを繰り返す淳之介。
これには、須賀健太くんの演技力を思い知った次第。
この頃、ドラマ「大奥」で、母親と乳母に挟まれて苦悩した子供時代の殿を演じていたっけ。
それを見てただ者でないとは思ったけれど。。。
その後ちょくちょく見かけるけど、これからもホントに楽しみな子だ。

堀北真希ちゃんにもびっくりした
やっぱりこの頃、ちょうど「野ブタ。をプロデュース」というドラマをやっていて、
プロデュースされないと見られないほどの不気味な女子高生「野ブタ」と、
この底抜けに明るい田舎娘の六子ちゃんが、
同一人物とはとてもじゃないが信じられなかったのだ。

あと、今回観たテレビ放送バージョンでは、
三浦友和さん演じる医者のアクマの、哀しい幻のエピソードが省かれていた……
まあ家族みんなで楽しく観ようというなら哀しすぎる話ではあったけど、
かなり残念

とにかくこの世界観にひたった2時間はほっこりした。
ただ、「50年後もこんなきれいな夕日が見られると良いね」というラストのセリフは、
今も本当に見えていますか、という皮肉にも取れたりして……
と勘ぐってしまう私はひねくれ者

「あの頃はよかった」と、全肯定はしたくない。
まだ私も生まれていなかったけど、
きっとあの頃がすべてよかったわけじゃないし、今もすべてが悪いわけじゃない。
よかったところを思い出して、元気出そうよ
そんな感じでしょうか。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/56-9c7fe089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。