筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来すぎな結婚相手? 「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」

アメリカに移住してきたが、ギリシャ人であることに誇りを持つトゥーラの一族。嫁き遅れとされていたトゥーラが恋に落ち、結婚を決めると家族は複雑。相手がアメリカ人で、何かと文化の違いがあるのだった……
2002年 監督:ジョエル・ズウィック 出演:ニア・ヴァルダロス



ギリシャ人の大家族単位の行動や陽気さ、気の良さなどはとても面白かった
自分の民族、ルーツに誇りを持って生きている。

何でも決めたがる家族の長の父親を、
母親が立てていながら実は操っているのがいい。
「男は頭」と言われれば、「女は首。頭の方向を決めるのは首なのよ」とこっそり言う。
生き生きしたセリフで楽しい


……だけれども。

彼氏がかっこよすぎ
見た目だけじゃなくて、行動や性格も。

ギリシャ人とアメリカ人では、しきたりから慣習からいろいろと違いがあるのに、
彼は全てを受け入れてくれる。

全部を理解し、合わせてくれるし、馴染んでくれる。
彼の両親も、最初はちょっと戸惑っていたけれど、すぐに迎合。

何というか、異文化の摩擦のようなところがほとんどないのだ。
いくら幸運のおまじないでも結婚式で唾をぺっぺとかけたり、
おできを車の洗浄剤で治したり、
とかを受け入れられるかどうか……

もう少し彼の側に、戸惑いとか葛藤があった方が面白かったかも。
その辺がドラマになるのかな、と思ったら全然ないままで。
彼が、出来すぎであり得なさそうな結婚相手に見えてしまったので

原題は、「マイ・ビッグ・ファット・グリーク・ウェディング」。
グリーク=ギリシャが大事な話なのに、なぜ邦題では省かれちゃったんだろう……

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/61-8f8c819f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。