筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう少し「49歳」を見たかったな……「RAILWAYS」

仕事人間で他の何よりも仕事優先の人生を送ってきた49歳の筒井。だが、その年になって様々な事情に後押しされ、子供の頃の夢運転士を目指す
監督:錦織良成 出演:中井貴一



仕事と友情、遠方の老親、家族の事情。

49歳には様々な現実がある。
この筒井の場合は、それらが絡んだ末に仕事を辞め、
子供の頃の夢に挑戦するという無謀な行動に出る。

だが、これが楽しそうで生き生きしていて、
好きなことというのは人をこんなに輝かせるんだなぁと思った次第。

運転士の訓練トリビアも面白かったしね

実際いすみ鉄道で、研修費700万円を自腹で、という条件にも関わらず、
応募者が5名(だっけ?)もいたというニュースに驚いたのは記憶に新しい。

ただ……
49歳が安定した未来や、人生全てを賭けてきた仕事を捨てる過程が早過ぎて、
「ああお話だからね」と思わせられちゃったのは残念

そして、49歳のトライならではの話をもっと見たかった。

「スペース・カウボーイ」というイーストウッド主演のアメリカ映画では、
バカにしてくる若造を、じいちゃんならではの逆襲でギャフンと言わせるシーンがあった。
そういう老若の確執やそれぞれの年齢のよさみたいなエピソードが、もっとあるかと期待していた。
というか、そういう軋轢から和解、そしてチームプレイへ結びつく、みたいなことが中心な話なのかと、
だから49歳と銘打ってるのかと思っていたから……
何だか物足りなさを感じてしまって

娘の、「お父さんは仕事中毒」という評価も、青春真っ盛りの年頃の理想論で、
実際の仕事がもっと泥臭く厳しい面もあることを、
父親が経験豊富だからこそ諭せる作りだと好みだったんだけど。


あと、一つ絶対にNGだと思ったのが、子供の運転のエピソード。
あれ、あんなに甘い処分でいいの?
もっと怒ってもっと徹底的に叱らないと。
絶対いけないことなのだと身に染みさせないといけないと思う。
あの程度ですませてしまうと、子供ならまたやるんじゃないかって、そんな心配さえ覚えた。
温かいところは温かく。でも厳しいところは厳しく
たくさんの命がかかっている仕事なんだから。

そのあたりがヤマで、あとはそのまま終わっていい気もした。
そのあとはだらだらと長すぎる感じだったから。

爽やかさはあった。
島根ののどかなバタ電(=一畑電車)に癒される感もあった。
でも、「カールじいさんの空飛ぶ家」のように……
49歳、まだまだいける。
もっと強くそれを感じたかった、というのが正直な感想だった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/67-292fb07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RAILWAYS 宍道湖の夕日

公式サイト。錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、甲本雅裕、遠藤憲一、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助。公式タイトル「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が長すぎるので勝手に改題。宍道湖と言えば、美しい

  • 2010/06/07(月)19:06:41 |
  • 佐藤秀の徒然幻視録

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語/中井貴一

もしかしてROBOTの制作だから『ALWAYS 三丁目の夕日』を真似てこの題名になったのでしょうか?何となく気になってwikiediaで調べたら仮題は『BATADEN』だったそうです。監督された錦織良成監督の島根3部作の最終作に位置づけられる作品なんだそうですが、残念ながらその前...

  • 2010/06/07(月)21:27:57 |
  • カノンな日々

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

インパクトは弱いが、心温まる実話で勇気をもらえる話だ。大手企業で仕事一筋に生きてきた肇は、49歳のとき、友人の死や独り暮らしの母親の病をきっかけに、自らの人生を振り返る。電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、思いきって採用試験に応募することに。年...

  • 2010/06/07(月)23:54:16 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』

  □作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松...

  • 2010/06/08(火)08:18:28 |
  • 京の昼寝~♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。