筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サイドウェイズ」 なぜ日本人?

友人大介の結婚式に出席するためアメリカにやってきた道雄。彼の独身最後のドライブ旅行を謳歌するのに付き合うことに。そんな二人は道雄の昔の教え子麻有子と再会、友達のミナちゃんと共に4人で楽しい時を過ごすが……
監督:チェリン・グラック 出演:小日向文世、生瀬勝久


ナパ・バレーというワインの名所で、ワインをがぶがぶ飲む物語……
のんびりとした農園で、アメリカなのに治安も悪くなさそうで、それでいてちょっとお洒落な感じ。
そういう雰囲気は悪くない

でも、「寄り道してこなかった大人たちへ」というキャッチフレーズは、最後までしっくり来なかったなあ

道雄は様々な職業を転々とし、大介はいろいろな女性を転々とし、麻有子は結婚に失敗したけど自分の道を確立しようとし、ミナちゃんは何かわかんないけど来る者は拒まずみたいな……。
そういうのが寄り道……

こういう寄り道もいいよね~、とか、こんな寄り道をしてみようかな、とか、そんな気持ちになれなかったんだけど……

下敷きがそもそもアメリカ映画で、スタッフも全部アメリカ人。
主役の4人だけが日本人。

そういうふうにリメイクする意味がよくわからなかった
ケンカでの怒り方とか、主義主張の仕方とか、ここは自由の国だから楽しまなきゃ、みたいな無責任と紙一重な感じとか。
4人ともアメリカ人にしか見えず……せっかくなら日本人なりの気質とか悩みとか行動とか、そういうテイストが欲しかったな~とか思っちゃって

でも……そういうひっかかりはあったけど、嫌いじゃなかった
ゆっくりのんびり観るにはいい映画かもしれない。
ワインも飲みたくなるし
音楽も懐かしい
アクションとか社会派ものに疲れたときにどうぞ、って感じかな

コメント

こんばんわ♪

こっちには初コメントだ~。なんか嬉しいi-80

そうそう「寄り道」の意味がイマイチ解らなかったですね~。
麻有子の場合なんかアメリカで充分成功していて、
別に良い人生じゃないかと思っちゃった。
離婚が寄り道って事なんでしょうかね。
元映画を知らないので何とも言えないんですが。。。
もっと笑える予定で行ったので、それほどでも無かった事が残念i-201

でも、私もノンビリした風景は好きでしたよ~♪

  • 2009/11/17(火) 21:03:36 |
  • URL |
  • くう #-
  • [ 編集 ]

くうさん~

こんばんは♪
こちらの一番乗り、ありがとうございますv-10
そうそう、私もあのキャスティングからしてもっと笑えるかと思ってたんですが。
役者さんはそれぞれ絶妙な味だったので満足してるんですけどね。。。

タイムアフタータイムが耳から離れない~~e-327

  • 2009/11/19(木) 17:15:00 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/7-a6767dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【サイドウェイズ】「楽するために生きてるわけじゃない」人生

サイドウェイズ 監督: チェリン・グラック    出演: 小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊地凛子 公開: 2009年10月 予告で見た時か...

  • 2009/11/17(火)20:57:39 |
  • 映画@見取り八段

サイドウェイズ/小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子、鈴木京香

オリジナルのタイトルは『サイドウェイ』なのにどうして?と思ったらそれは邦題の話であってもともと『SIDEWAYS』だったんですね。監督を始め海外スタッフによって製作された日本初のハリウッドリメイク作品なんだとか。見た目だけで言えば小日向さんと生瀬さんのほうがい...

  • 2009/11/17(火)21:19:27 |
  • カノンな日々

俳優陣の演技は流石!『サイドウェイズ』

2005年3月に日本で公開されたアメリカ映画「サイドウェイ」のリメイク作品です。

  • 2009/11/17(火)23:05:23 |
  • 水曜日のシネマ日記

☆「サイドウェイズ」

いやーー久しぶりに試写会に当たりましたーー。 先週、やっと1ヶ月フリーパスを使い果たして、脱力感に浸ってたので、 試写会に行くのは良い気分転換。 場所は「有楽町朝日ホール」。

  • 2009/11/18(水)01:36:27 |
  • ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

サイドウェイズ

ハリウッド映画の日本版リメイクという珍しいパターンで、オリジナルはアレクサンダー・ペイン監督の「サイドウェイ」だ。物語の舞台は同じカリフォルニア、登場人物を日本人の男女4人に置換え、さえない40代の男二人が人生を見つめなおしていく様子を描く。俳優は日本人...

  • 2009/11/18(水)11:48:39 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

『サイドウェイズ』

  □作品オフィシャルサイト 「サイドウェイズ」□監督 チェリン・グラック □原作 レックス・ピケット □脚本 上杉隆之 □キャスト 小日向文世、生瀬勝久、菊地凛子、鈴木京香■鑑賞日 11月6日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★

  • 2009/11/20(金)22:25:23 |
  • 京の昼寝~♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。