筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議ちゃんばかり 「乱暴と待機」

あずさと番上の夫妻が越してきた近所には、山根と奈々瀬という兄妹が住んでいた。が、高校時代、奈々瀬と同級生だったあずさは、二人が兄妹でないことを知っている上、奈々瀬に許せない思いを抱えていた。そして、山根家の二段ベッドの真上には天井の覗き穴が……
監督:富永昌敬 出演:浅野忠信



面白くなくはなかった。
でも、オススメかというと、、、う~ん……

この主人公のような女は嫌い。
という女性は多いだろうな。
私も嫌いです

登場人物は妙な不思議ちゃんキャラばかり。

「復讐」のため幼なじみの女性奈々瀬を軟禁しながら、
復讐方法を考え続けて5年が経つ男、山根。

で、毎晩「復讐方法考えついた? 頑張ってね、おやすみ」と
声をかけて眠りにつく奈々瀬。
山根に惚れている模様。

近所に転居してきた若夫婦、番上とあずさ。
が、番上は就職もできないヒモのくせして、奈々瀬に手を出すアホ

まともなのは、この妻あずさくらいかな。
と言っても、サンダルや自転車まで奈々瀬の家に投げ込む過激さは
強烈だけど。
ただ、このあずさにだけは感情移入できるから

大体、この浮気夫、うかつすぎる。
近所でろくに鍵もかかってなくて、
住人じゃなくても出入り簡単そうな家で、
妻の高校時代の同級生に手を出すって……
またこういう男って、
自分の欲求を満たすためのへ理屈が上手いのね。
「その辺は積極的にマヒしていこうよ」には、怒りを通り越してもう笑えちゃう。
それに説得される奈々瀬もバカすぎるけど……
あ、でもそれは山根に見せるため、わざとだったのか???
その辺が今一つよくわからなかった。

まあ、こういう下半身のだらしない男に、
かつて純愛ドラマの代表格みたいに言われてた山田孝之クンという配役は、面白かった。
甲斐性なしのくせに、優しくて甘え上手。
なるほど、だからヒモになれるんだ~、などと妙に納得させられる。
純愛と対極の役も自然。
やっぱり演技派だな~、と満足
この人のこういう七変化が見たくて、結構ある出演映画、頑張って観てます。

先に言ったけど、
奈々瀬みたいな女は嫌い。
その側にいるわけのわからない山根も、好きになれず。
でも、これを怪演した美波サンと浅野忠信サン、
かなり笑わせてくれました

ただ、何と言っても魅力的だったのが
あずさ役の小池栄子さんでした
「パーマネント野ばら」でも過激でキュートな魅力全開だったけど、
それに似ていると言えば言えなくもないけど、
とにかくカワイイ。
過激で強くて怒ると怖いんだけど、……カワイイ

どうして男はこういう女を大事にしないのかな~
か弱い見てくれで誘う女より、よっぽどいいじゃない。
こういうところが、男と女の「可愛いポイント」の違いなのかな

ま、不誠実なヒモは当然の結果に……と思ったら、
結構その後も流れに任せて渡っていけてたようで。
ラストはこの二人、どうなったんでしょうかね???

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/86-99b6171c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乱暴と待機/浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之

映画の内容にはあえて知らんぷりしたまま浅野忠信さんと山田孝之さんの出演作ながらもあまり話題にもなっていない単館上映の作品というところに私の映画大好きセンサーが反応し観たくなってしまいました。監督は『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』の冨永昌敬さん。 ...

  • 2010/11/02(火)17:31:40 |
  • カノンな日々

乱暴と待機

<<ストーリー>>番上(山田孝之)と妊娠中の妻・あずさ(小池栄子)が引っ越した先にいたのは、あずさの高校時代の天敵、奈々瀬(美波)だった。しかも、奈々瀬は怪しい男・英則(浅野忠信)と兄妹のフリ...

  • 2010/11/02(火)17:32:36 |
  • ゴリラも寄り道

乱暴と待機

公式サイト。本谷有希子原作、冨永昌敬監督、浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之。無職の番上(25歳)(山田孝之)とスナックに勤める妊娠中のあずさ(27歳)(小池栄子)の若夫婦が古い長屋の市営住宅に引っ越して来る。隣には兄妹と称する山根(34歳)(浅野忠信)と奈々瀬(27歳)(

  • 2010/11/02(火)19:20:42 |
  • 佐藤秀の徒然幻視録

乱暴と待機

乱暴と待機 (MF文庫ダ・ヴィンチ)濃密でこっけいな男女四人の愛憎劇は、互いのいびつな距離感が面白い。木造平屋立ての市営住宅に引っ越してきた、番上と妊娠中の妻・あずさ。その住宅には、あずさの高校時代の天敵の奈々瀬が住んでいた。奈々瀬は怪しげな男・英則と兄妹

  • 2010/11/02(火)23:20:51 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。