筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最高の人生の見つけ方」 お洒落な会話が好き

入院先の病室で知りあったエドワードとカーターは、共に余命6か月。大富豪で破天荒なエドワードと、地道で博識なカーターはお互いの刺激となる。そして「やりたいことリスト」を手に、すべてをやり尽くそうと病院を脱出するのだった……
2007年 監督:ロブ・ライナー 出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン



あらすじは、1997年のドイツ映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」に似ている。

死期の迫った二人が旅に出て、
今までやりたくてもできなかったことをやりつくしちゃう

わかる、というか……
スカイダイビングも、カーレースも、ヒマラヤ登山も……
それこそ死ぬ気にならないとできないことかも、って思っちゃう。
だからかな、この二人はとても楽しそう

でも、この映画の一番好きなところは、
この初老の二人の会話が、今まで生きてきた人生分のウィットに富んでいるところ。
洗練されているし、皮肉は効いているし、説得力もあって、洒落ている
病状は深刻で、苦しくてしんどくてイヤになってしまう様もちゃんとあるのに、
その会話でクスリと笑えてしまうのだ。

歳は取ってもやんちゃさは失っていないエドワードにジャック・ニコルソンはピッタリ
地道で博識で、でも興味のあることには目を輝かせるカーターの表情がすごく素敵なモーガン・フリーマン

本当にいいです。

で、もう一つ好きなのが、エドワードの秘書さん
彼が、めちゃくちゃうるさ型のエドワードとうまく渡り合っているのが面白すぎる。
そして最後は、彼が感動的なラストを締めてくれて

泣ける、というよりは、お洒落な会話が楽しめる。
重いテーマながら、そんな軽快な映画でした

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/89-1eed75e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。