筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老けメイクに見応え 「フォーエバー・ヤング」

恋人が事故で目覚めないことに絶望したダニエルは、親友の秘密の研究の実験台となる。1年のはずだったその冷凍実験は戦争のどさくさで50年経ってしまい……
1993年 監督:スティーヴ・マイナー 出演:メル・ギブソン、イライジャ・ウッド



長いこと冷凍されて遠い未来に蘇るという話的には、
ちょうど今TBSの深夜でやっている「おじいちゃんは25歳」と完璧にかぶっているが
(このドラマも結構面白い……最近は深夜の方がドラマはイケテるかも。
主題歌の「愛は勝つ」を歌う杏ちゃんもいいしね)

戦争のどさくさで50年も冷凍されていたダニエル。
それを見つけた少年ナットやその母親クレアとの、
アメリカンな感じの友情が心地いい

父親がいなくてちょっとやんちゃだけど、
ダニエルの心強い味方になるほど賢いナット。
この10歳の少年が、イライジャ・ウッド。
かわい過ぎる~~
その後の「ロード・オブ・リング」などの活躍ぶりを予感させる印象の強さでしたわ。

ダニエル役のメル・ギブソンが力強いのは言わずもがな。

母親クレアは、「トゥルーライズ」の奥さん役で笑わせてくれた
ジェイミー・リー・カーティス。
今回コメディ要素はないんだけど、いい味

なんか今見ると贅沢な配役だわ。

ダニエルは親友を探し出して現況を知りたい。
ナットはパイロットに憧れ、父親の存在感をダニエルに求める。
二人が協力して最後にたどり着いたのは……。

この頃のハリウッドらしく、ユーモアいっぱい、
ちょっと強引なくらいの力強さで一気に最後まで観させる
後味もよし。

そして、17年も前なのに、終盤にダニエルが急激に老けていくメイクは見事
すっごい自然。
一見の価値あり、と思います

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/90-835e2f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。