筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイリッシュで斬新な「GOEMON」

豊臣政権の時代、天下の大泥棒・石川五右衛門が大活躍。あるとき五右衛門は南蛮製の箱を手に入れる。その箱は信長暗殺の真相が隠された禁断の箱だった……
2009年 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介



石川五右衛門といえば、釜茹でとルパンくらいしか知らない私。。。
少しはわかるようになるかな~と観始めた。


結構人物がうようよ出てくるのだけど、簡潔明瞭にその関係がわかる。
現在と過去も入り繰るが、それも大丈夫。
交通整理がうまい

映像を観てたら、一昨年の「K-20」を思い出した。
スタイリッシュで時代劇なのに時代劇っぽくない。
日本なのにどこか外国めいてる雰囲気。

一風変わったこの世界観は見応えあり
スピーディだし、CGも効果的だと思う。

出演者も、大河ドラマなみに豪華な面々を贅沢に使いまくってる。

五右衛門の江口洋介は粋でいなせで文句なくカッコイイが、
それより注目は、個人的には苦手な方だった大沢たかお
よかった。
特に死に際。
鮮やかであっぱれ。

他、出番は少ないけど、信長の中村橋之助がすごい存在感。
さすがの舞はサービスですか


で、これを観て五右衛門について詳しくなったかというと……
きっとこれ、解釈も大胆な気がするので、
知識としての上積みにはならなかった感じ。。。

でも面白かったからよし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/97-88ea2e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。