筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対の面白さ 「大誘拐」

山林王・柳川とし子刀自の誘拐を計画した若者三人組。身代金は五千万円。それを知った刀自は百億に訂正させ、臆する三人組に自ら指揮を執り始めるのだった。そして凄腕の警部、井狩との知恵比べとなっていく……
1991年 監督:岡本喜八 出演:北林谷栄、緒形拳



注 ネタバレしています





「この事件の犯人から漂ってくる体臭は、
獅子の風格と狐の抜け目なさとパンダの親しさを兼ね備えている」


ラスト近くで緒形拳扮する井狩警部は、そう話す。
このセリフが、この映画をほぼ語ると言ってもいいかもしれない。

本当にこのとし子刀自、大人物で頭も度胸もすごすぎる
(「刀自(とじ)」とは年配女性の敬称なのだとか)
その上、柔らかい関西弁が優しく面倒見もよいので、どうしても好きになってしまう。

これではチンピラ三人組なんぞ、簡単に懐柔されてしまうのは当然。
喜んでその手足となってしまう

この誘拐事件を担当した井狩警部は、
「逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズを思い出させる切れ者のリーダーなのだが、
とし子刀自の方がそれを上回るわけで
この知力をつくした戦いが見応え充分。

でもとし子刀自はこの偶発的な計画を乗っ取るだけでなく、
税金対策やら子供達の尻を叩くやらのオマケまでまんまと成功させちゃう。
この機転と度胸と人望は、なるほど山林王となるわけだ、と納得も大納得

ただし、してやられて終わったものの、
最後にカラクリを見破るところがやっぱりデキる井狩さん。
そして冒頭のセリフ。
もう面白いったらなかった

ザッツエンターテイメント。これぞ映画。
20年近くも前の映画だけど、楽しめること間違いなし

緒形拳さんが若い。頼もしくて相変わらず愛嬌があって魅力的。
北林谷栄さんの大人物ぶりも素晴らしい。
このお二人がもういないのは、寂しいです……

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/99-e4cebe62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。